運転中に浸水・冠水してしまったら?水没した車内からの脱出方法

運転中に浸水・冠水してしまったら?水没した車内からの脱出方法

毎年、夏の到来とともに、全国各地の水害事故のニュースを耳にする機会が増えます。特に近年では、不安定な大気が原因で突然発生するゲリラ豪雨の被害をよく耳にするようになりました。

もし豪雨に遭遇して車が冠水した場合、どのような対応を取るべきか考えたことはあるでしょうか?車が冠水した場合、エンジンに水が入って車が動かなることも少なくありません。非常事態に自分自身の身を守るものは、適切な行動です。

今回は、車が浸水・冠水してしまった場合の対処法や、水没した車内からの脱出方法についてご紹介します。正しい知識をしっかり身に着け、水害に備えましょう。


浸水・冠水を防ぐために

車は浸水・冠水した場合にも運転に支障が出ないよう設計されています。一般的な車が走行を続けられる水深はドアの下、つまり車の床面が水に浸からない程度までです。

ただし、車の床面以上の水深がある場所でも、直ちに浸水することはありません。そのためドライバーは無理な運転を続けてしまいやすく、危険を感じる頃にはエンジンが停止して運転が不可能になっていることもあります。

水深がある場所では無理に車を進めず、状況を見ることが大切です。


浸水・冠水した場合の対処法

車が冠水し車内に水が入ってきてしまった場合には、直ちにエンジンを停止させましょう。その後、避難経路を考えます。慌てて車の外に出て走り回ると非常に危険です。水の中に深い穴があったり、危険なものが落ちていたりすることがあるためです。

車を出たら水深を確認しつつゆっくりと足を付け、進んできた道を戻る方向へ避難してください。もし水たまりが濁っている場合は、マンホールのふたが外れているケースも考えられます。さまざまな危険の可能性を考慮に入れながら落ち着いて避難することが大切です。


車が水没した場合の対処法と脱出法

冠水道路を無理に進むと、車が道路からそれて川や海に転落し、車の中に閉じ込められたまま水没してしまうケースがあります。

車が水没してしまった場合でも、慌てずに適切な行動を取りましょう。まずはシートベルトを外します。窓ガラスが水位より高い位置にある場合は、窓ガラスを開けて車の屋根に上るように脱出してください。ただしパワーウインドウの場合は、電気系統の異常や水圧で開閉できない可能性があります。そのような場合でも、緊急脱出用ハンマーを使用することにより簡単にガラスを割ることができます。万一のときに備えて装備しておくと良いでしょう。前方にエンジンを搭載している車が川や海に転落してしまった場合は、前部が深く沈み込んで車が前傾姿勢になることがあります。車が傾いたからといって危険度が大きく上昇するわけではないため、まずは冷静になりましょう。

水圧でドアも窓ガラスも開閉できず、ハンマーもない状況であっても、外に出ることはできます。車の中に水が入ってきて、外との水位差が少なくなるタイミングがチャンスです。車の中と外との圧力差が縮まり、ドアに掛かる水圧が下がるためドアを開けやすくなります。ベストのタイミングを見極めて脱出を図りましょう。


おわりに

車が冠水・浸水で動けなくなったり、水没してしまったりした場合に、最も恐れるべきはドライバー自身のパニックです。人はパニック状態に陥ると思考能力が下がり、軽率な行動を取ってしまいやすくなります。 今回ご紹介した対処法を頭に入れておくことで、冠水や浸水、水没などのアクシデントに見舞われた際も落ち着いて対処しやすくなるはずです。脱出方法を覚えるだけでなく、身を危険から守るためには落ち着いた行動が大切であることを強く意識しておきましょう。


コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+