方向転換のコツが知りたい!方向転換のやり方について

方向転換のコツが知りたい!方向転換のやり方について

最も難易度が高い運転テクニックの1つが方向転換ではないでしょうか。

運転経験の浅い方にとっては、いつ、どのタイミングでハンドルを切れば良いのかの見極めが難しいかもしれません。しかし、そのような方向転換もコツをつかむことにより、楽にできるようになります。

今回は国内の一般的なオートマ車を例にして、方向転換のコツと方法についてご紹介します。


方向転換とは?

方向転換とは、狭いスペースを利用して車の進行方向を変えることを言います。

方向転換には左バックや右バックで停車枠に入り前進する方法と、前進して停車枠に入り右バックや左バックで方向転換する方法の2通りがありますが、運転に慣れないうちは左バックや右バックで停車枠に進入する方法をおすすめします。

停車スペースに進入する際は、歩行者や他の車、そして障害物を十分に確認してください。    


方向転換のコツは「焦らずゆっくりと」

慣れないうちは広いスペースで方向転換を行ってください。無理をして狭いスペースに進入した場合、方向転換に時間がかかり、後続車がやって来て焦ってしまう可能性があります。 方向転換のコツは、「焦らずゆっくりと」です。1つ1つの動作をミラーと目視により確認しながら、丁寧に行いましょう。今回ご紹介する方法では、ハンドルを切る際、いったん停車させています。運転に慣れてくれば、アクセルを踏みながらハンドルを切ることができるようになるはずです。






方向転換のやり方

ここでは、右バックでの方向転換の方法を説明します。 安全に方向転換ができるスペースを見つけたら、まずはハザードランプをつけて後続車に減速することをアピールしましょう。そして停車スペースに車を寄せながら通り過ぎたら、右にゆっくりとハンドルを切ります。停車スペースに対して少し斜めに停止させてください。道路の状況により平行に停めなければならないときは、停車スペースから50㎝~1mの幅を空けて停止します。   ハンドルを真っ直ぐに戻して、後続車や歩行者、障害物がないか周囲の安全ができたら、ギアをバックに入れます。 そして、右のドアミラーやルームミラーを確認しながらバックします。右ドアミラーやルームミラーで停車スペースを確認しながら、角となる部分を右リアタイヤがとらえたら、今度は右にハンドルを目いっぱい切り、ゆっくりとバックします。進入するスペースの右側と右リアタイヤの間隔が10㎝~15㎝となるようにバックしてください。 このとき車のアプローチ角度が急に変化するため、周囲に注意を払いながら停車スペースと車を平行にします。平行になったらいったん停車し、ハンドルを真っ直ぐに戻します。そしてゆっくりバックさせ、停車スペースに深く入れます。 左バックで方向転換する場合は、ハンドルを切る向きや確認するドアミラーの位置などを左右逆にしてください。 最後にギアを前進に戻し、安全確認が取れた場合は進行方向へ進みます。発進する前に進行方向のウインカーをつけ、忘れずにハザードランプを解除してください。  


おわりに

今回は方向転換の方法についてご紹介しました。一連の動作がスムーズに行えるようになるまで経験が必要な方向転換ですが、慣れないうちは方向転換のハンドル操作は停車して行うことと、周囲の安全に注意しながらゆっくりとバックすることを心がければ、簡単にマスターすることができます。 方向転換ではバック走行に加わりアクセルワークとブレーキングが混在するため、踏み間違いやシフト間違いには注意しましょう。 方向転換をマスターした方は、車庫入れも楽にできるはずです。方向転換に習熟して、ワンランク上の運転を目指しましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+