右折の苦手を克服しよう!交差点での右折のコツとタイミング

右折の苦手を克服しよう!交差点での右折のコツとタイミング

車の運転に慣れない方が、運転中に緊張する場面の1つが「右折」ではないでしょうか。後続車にプレッシャーをかけられているように感じて、焦った経験のある方も多いはずです。右折信号がない交差点の場合は、「信号が赤に変わる前に早く曲がりたい」「曲がりたいけど対向車が怖くてタイミングがつかめない」などと焦ることもあるでしょう。

しかし、苦手な右折も、コツとタイミングに慣れれば落ち着いてスムーズに行うことができます。

今回は、右折の苦手を克服するために、交差点での右折のコツとタイミングをご紹介します。

なお、右折信号が設置してある片側2車線以上の交差点では、矢印信号を頼りに問題なく右折できると思います。そのため、ここでは片側1車線の道路に限定した内容とします。


待機中はまっすぐに

右折待機中の注意点は、車体を道路に対してまっすぐにして待機することです。斜めの状態では、自車の右先端が対向車と接触する危険性があります。それだけでなく、道路幅によっては後続車の進行を妨げてしまうため、必ずまっすぐ待機するように心掛けましょう。

また、仮に斜めの状態で待機中に後続車から追突された場合、そのまま対向車線に飛び出してしまいます。重大な事故につながる可能性もあるため、タイヤはまっすぐにしてください。


対向車線で見るべき点

右折のタイミングは対向車線の状況が鍵を握っています。では、対向車線のどのような点に注意すれば良いのでしょうか。


1.対向車の速度

対向車が交差点に進入してくる前に、自分のペースで右折を完了できるかどうか、相手の速度を見極める必要があります。特に二輪車は乗用車に比べて小さいため、遠くに見えてしまいますが、加速性能が高いこともあり、あっという間に接近して来るので要注意です。


2.対向車とその後続車との車間

「この車が通りすぎたら曲がれる」と判断して右折し始めた途端、後続の対向車が猛スピードで近づいてくることがあります。これは前を走る車との距離が大きく開いてしまうと、つい車間を詰めたくなるという心理的作用が働くためです。後続との車間が開いているからといって油断は禁物です。


3.対向車の脇に潜む二輪車

対向車が譲ってくれたため右折しようとしたら、対向車の影から二輪車が直進してきて衝突するという事故が少なくありません。譲ってくれた対向車に対して感謝の意を持って右折することから、一般的に「サンキュー事故」と呼ばれます。サンキュー事故を防ぐためには、二輪車が来ることを想定し、すぐに停止できるくらいの速度で対向車の左側に注意しながらゆっくり曲がりましょう。


歩行者と自転車にも注意を

右折できるタイミングが来たためにいざ右折したら、横断歩道を歩行者や自転車が通行していることもあります。気付かずに右折しかけていた場合、当然、対向車線内で止まることになります。最悪の場合は対向車と衝突してしまいます。そうならないためにも、右折を開始する前に横断歩道の両端を確認しておきましょう。また、対向車も急には止まれません。右折する際は、対向車が安全にブレーキを踏めるだけの距離があるタイミングを狙いましょう。


おわりに

今回ご紹介したことをいきなりスムーズに実践するのは難しいかもしれません。しかし、慣れれば自然とできるようになるものです。それまでは、ゆっくりでいいので確実に安全確認を行ってください。その際、後続車のことを気にして焦る必要はありません。他人に気を使うあまり、自分が事故を起こしてしまっては元も子もないことです。気持ちにゆとりを持って落ち着いて運転することを心掛けましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+