もう脱輪したくない!S字クランク・S字カーブのコツ

もう脱輪したくない!S字クランク・S字カーブのコツ

車の運転技術の中でも、クランクとS字カーブを苦手としている方は大勢いると思います。縦列駐車などの駐車技術と並んで難しいクランクとS字カーブ。車の運転に慣れない方や教習所に通い始めの方にとっては「S字」を意識して緊張して焦ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、脱輪しないクランクとS字カーブのコツについてご紹介します。

   

失敗の原因について

左右のバンパーがぶつかってしまったり、後輪が脱輪してしまったり危険な状況から抜け出せなかったりと、クランクとS字カーブの失敗はさまざまです。

特に、運転免許を取ったばかりの方にとってクランクとS字カーブは難しく、焦ってしまうことでしょう。しかし、焦れば焦るほど危険な状況から抜け出せなくなり、後続車に迷惑をかけてしまう恐れがあります。クランクとS字カーブに失敗する原因にはどのようなものがあるのでしょうか。主な原因は以下の通りです。




【1】クランクやカーブに入る際のスピードが速すぎる。

【2】車の誘導方法を誤る。

【3】車両間隔(車の大きさ、死角の認識など)が理解できていない。

【4】切り返えしなどの運転技術が伴わない。  


【コツその1】スピードと目線に気を付ける

クランクやS字カーブなど狭い道路を通過する際は、速度をコントロールすることが重要です。 AT車の場合、クリープ現象とブレーキを活用します。またMT車の場合は、半クラッチや継続クラッチを使用して慎重に速度を保ちます。速度をコントロールすると、落ち着いてハンドル操作ができ危険予測を行うことが可能です。焦らずゆっくりとハンドル操作を行うよう心掛けましょう。 また運転中の目線も、クランクやS字カーブの際のコツの1つです。運転中は必ず進行方向を見るようにしてください。クランクやS字カーブに苦手意識がある方は、角を意識し過ぎてハンドルを切るタイミングを遅くなってしまうため注意しましょう。



【コツその2】車両感覚を身に着ける

車両感覚を身に着けることも、クランクとS字カーブを上手く行うコツの1つです。車両感覚とは、車体の大きさや幅、タイヤの位置、内輪差など車全体の感覚を指します。

運転席から見る景色は、車外で見る景色とは異なります。そのため、死角が生まれたり、少し運転席寄りに見えたりします。車を自在に乗りこなすためには、この車両感覚を見つけることが重要なカギとなります。

クランクやSカーブを通過する際は、特に内輪差が重要です。内輪差とは、タイヤの前輪より後輪が内側に通過する現象です。その差は90cm近くになることもあります。狭い道や極端なカーブを曲がる際は、ハンドルを回す回数が増えます。このような場合に内輪差が大きくなるため、注意しましょう。

クランクやS字カーブでは、車を少し外側に寄せて曲がらないと、後輪が乗り上げて脱輪する可能性があります。スムーズに曲がれなかった場合に行う「切り返えし」も、車両感覚を駆使して行ってください。

切り返しを行う際はまず、進行方向とは逆の方向にハンドルを切ってバックします。その後車の角度を変えて徐々に後ろに戻り、進行方向に車を向けてください。

真っすぐ進むと障害物にぶつかってしまう場合や、内輪差による脱輪が予測される場合は、一時停止し切り返えしを行いましょう。  


おわりに

クランクやS字カーブは、運転初心者の方にとっては難しいと感じるかもしれません。切り返えしがスムーズに行えないと、周囲に迷惑をかけてしまうという思いから余計に焦ってしまいます。しかし、クランクやS字カーブを行う際は、落ち着いて行うことが最も大切です。クランクやS字カーブに慣れない内は、焦らず安全運転を心掛けましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+