MT車の運転のコツは?MT車の練習におけるコツと注意点

MT車の運転のコツは?MT車の練習におけるコツと注意点

現在個人で所有している車は、操作方法が簡単なAT車(オートマ車)が主流になっています。しかし、MT車(マニュアル車)の人気がなくなったわけではありません。MT車はAT車と比較して操作方法が難しい分、乗りこなせた際の充実感を味わうことができます。

そのため、車が好きな方を中心にMT車は人気が高いです。 MT車に乗ってみたいけれど、運転が難しそうだとためらっている方もいることでしょう。そこで今回は、MT車の運転のコツと注意点についてご紹介します。


【運転のコツその1】運転を習得する順番を考えよう

MT車の運転には、クラッチとシフトレバー、アクセルの操作を1度に行う必要があります。最初の内は行うべき操作が多く、混乱してしまうことでしょう。しかし、1度に上達しようと思ってもうまくいきません。MT車の運転に慣れるためには、1つ1つの練習工程を順番に習得していくことが大切です。

最初は、クラッチの操作を練習します。クラッチをきちんと操作できないと、車をうまく発進させることができません。

次にシフトレバーの操作を練習します。MT車は変速する際、手動でシフトレバーを操作する必要があります。シフトレバーは上から持つのではなく、側面に手のひらを当てるように前から後ろに倒すと、スムーズにシフトアップすることが可能です。

その次に、アクセルを踏み込む力加減を練習します。アクセルを踏み込む加減が不安定だと、回転数を保つことができません。

最後に、この3つの操作を組み合わせた練習を行いましょう。運転技術を細かく分類して1つ1つ丁寧に練習することによって、運転が難しいMT車に早く慣れることができます。 


【運転のコツその2】エンストしないためには

MT車を運転する方の中には、エンストを経験したことがある方も大勢いると思います。初心者の方にとって、エンストしないように運転することは最も難しいポイントの1つです。エンストを起こさない運転ができれば、MT車の運転技術を高められます。 エンストを起こさないためには、アクセルを恐れずに踏み込みましょう。車の発進時は特にエンストが発生しやすいです。発進する力よりも停車する力が上回ることが原因となります。

クラッチを上げる前にアクセルを十分に踏み込み、回転数を上げるよう意識しましょう。エンジンを踏み込むとエンジン音が大きくなるため、驚くかもしれません。しかし、エンジン音に慣れることも大切です。 


【注意点その1】

一般的にMT車の運転がうまくいかない方は、クラッチとアクセルの操作を1度に習得しようと焦ってしまいます。まずは練習工程をばらして、1つずつ練習しましょう。また、坂道などの勾配がある道と比較して平坦な道の方が運転がしやすいため練習に向いています。


【注意点その2】

アクセルを十分に踏み込むことは、あくまでもMT車に慣れていない方のための練習方法です。アクセルの踏み込み過ぎは車に余分な負担をかけてしまうため注意しましょう。慣れてきたらクラッチのタイミングをうまくコントロールして、アクセルの無理な踏み込みを減らすようにしてください。

また、車間がつまっている場合にエンジンをふかし過ぎると、前方の車と衝突する可能性があります。衝突を防ぐためには発進したらすぐにアクセルを元に戻すことが大切です。





おわりに

MT車の運転のコツと注意点をご紹介しました。MT車を運転する際の最大のコツは「焦らないこと」です。練習でうまくいかないことが続くと焦ってしまうかもしれません。しかし、1つ1つの運転技術を体に慣らして、焦らずにこなしていくことが早く上達する近道になります。苦手な部分をしっかりと理解し、なぜ苦手なのかという原因を考えながら練習しましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+