坂道発進時、ATとMTの操作の違いは?坂道発進のコツについて

坂道発進時、ATとMTの操作の違いは?坂道発進のコツについて

車の免許を取得する際に、AT(オートマ車)にするか、MT(マニュアル車)にするか迷った方もいると思います。この2つの最大の違いは、操作方法です。

特に坂道発進時の運転方法は異なります。坂道でうまく発進ができないと車が後退してしまい危険です。

そこで今回は、ATとMTの操作の違いと坂道発進のコツについてご紹介します。  

坂道発進時におけるATとMTの操作の違い

「坂道発進」とは、上り坂の途中で停車している車を発進させる運転技術です。ATとMTは坂道発進時における操作がそれぞれ異なります。

ATの場合ギアチェンジが自動的に行われるため、クラッチを自分で操作する必要がありません。また、ペダル操作はアクセルとブレーキのみになります。

一方MTの場合、手動でギアを切り替える必要があり、変速する際にはクラッチを操作します。 MTで坂道発進を行う場合、まずアクセルペダルを踏み込んだままにして、徐々にクラッチペダルを上げて半クラッチ状態にします。最後にサイドブレーキを元に戻せば発進させることが可能です。MTに慣れていない方にとってこのクラッチの操作は難しく、操作を誤ると車がエンストしてしまいます。

ATは、MTと比較して操作が簡単でエンストを起こす心配もありません。免許を取得する際も、ATの場合料金が安く教習時間も短いです。一方MTの場合、手動で変速を行うため自分の感覚で車を運転する楽しみを味わうことができます。


【ATの坂道発進のコツ】サイドブレーキを十分に引く

ATで坂道発進を行う際はサイドブレーキを十分に引き、車を固定する必要があります。この操作がきちんと行えていないと、車が後退してしまいます。 万が一車が後退してしまったら、さらにサイドブレーキを強くかけてください。車が後退しないことが確認できたらアクセルを踏みます。アクセルを踏み込んだ状態のままサイドブレーキを解除すると、車を発進させることが可能です。






   

【MTの坂道発進のコツ1】しっかりとアクセルを踏む

MTの坂道発進時におけるエンストの最大の原因は、「発進する力より停車する力の方が上回っている」という点にあります。坂道で停車している車を発進するためには、大きな力が必要です。そのため、アクセルペダルの踏み込みが浅いと力が十分に加わらず、エンストを起こす原因につながります。このような事態を回避するためには、アクセルを多めに踏み込み回転数を上げましょう。 MTの運転に慣れていない方にとってアクセルを踏む込んだ際の音が大きく、驚くかもしれません。しかし、ためらわずにアクセルを踏み込むことが坂道発進の最大のコツです。アクセルの回転数を意識的に上げるよう心掛けましょう。


【MTの坂道発進のコツ2】半クラッチに慣れる

半クラッチの時間を十分に取れていないこともエンストの原因の1つです。MTにはクリープ現象がありません。そのため、半クラッチでギアをつなぎアクセルを踏む必要があります。この半クラッチの操作が行えないと、うまく発進できず車がガクガクと動いてしまいます。 クラッチを離しても車がガクガクするような場合は、半クラッチの時間が十分に取れていません。もう少し半クラッチの状態を長く保つよう心掛けましょう。クラッチを上げる際は、足先ではなく、膝を上げるように行うとうまくクラッチを戻すことが可能です。膝を折って上げるよう意識してください。 坂道と比較して平地の方が、半クラッチを体感しやすいです。そのため、半クラッチの操作に自信がない方は、慣れるまでは平地で練習することをおすすめします。


おわりに

車の運転に慣れていない方にとっては、坂道発進は難しく感じるかもしれません。しかしコツを抑えることによって、運転スキルを上げることができます。しかし、コツだけ分かっていても運転には慣れが必要です。練習を重ねて、運転技術を磨きましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+