車線変更時の事故に注意!車線変更のタイミングとコツ

車線変更時の事故に注意!車線変更のタイミングとコツ

運転に慣れていない方にとって、車線変更のタイミングをつかむことは難しいでしょう。しかし、運転に慣れたドライバーであっても、事故を起こすことは少なくありません。

それは、高速道路や一般道路であっても同じことです。今回は、車線変更のタイミングとそのコツについてご紹介します。    


車線変更の手順

車線変更には、安全に行える手順があります。事前に手順を頭で整理して運転に臨むことをおすすめします。車線変更の手順は以下の通りです。

                   

【1】ルームミラーで後方を確認し、サイドミラーで横と変更したい車線、自分が走行している車線の通行状況を確認します。

【2】ウィンカーを出して車線変更の意思を周囲の車に伝えてください。

【3】再度、ルームミラーとサイドミラーを使用して、周囲の安全確認を行いましょう。

【4】最後に、ハンドルを切ってゆっくりと車線に車を寄せていきます。    


スムーズな車線変更のタイミングとコツ

車線変更をスムーズに行うためには、コツを抑える必要があります。車線変更のコツは以下の通りです。  

【ウィンカーは3秒点灯】 ウィンカーを出してすぐに車線変更を行うと、周囲の車に車線変更の意思が伝わりきれず、接触事故につながる可能性があります。そのため、ウィンカーは最低でも3秒は点灯させて、周囲の車に車線変更の意思を伝えるよう心掛けましょう。

【急な車線変更はしない】 極端にハンドルを切って車線変更を行うと、周囲の車がタイミングを合わせることが難しくなります。車線変更は、車を斜め前に移動させるイメージで、ハンドルをゆっくり切って行ってください。

【早めの決断】 車線変更のタイミングは見逃さず、タイミングを見つけたらすぐに行動がとれるように準備しておく必要があります。もたついていると、十分な安全確認ができないまま慌てて車線変更を行うことになります。いつでも車線変更が行えるように心の準備をしておきましょう。

【安全確認の際にスピードが落ちないよう注意】 安全確認にばかり気を取られていると、アクセルが緩んでしまう恐れがあります。アクセルが緩むと後続車との距離が短くなり大変危険です。周囲の車とのスピードと合わせるよう心掛けてください。周囲の車とのスピードと合わないと、車線変更がスムーズに行えないばかりか、玉突き事故の原因となります。

   

車線変更する際に注意点

車線変更は、行う状況によって注意すべきことが異なります。注意点を踏まえて、安全運転を心掛けてください。

【トンネル内の車線変更】トンネル内は、壁との距離が近く、視界も暗くなるため距離感がつかみにくい環境です。そのため、ゆるやかに車を移動させるように車線変更を行う必要があります。  

【車線変更禁止場所】 道路交通法により、オレンジ線では車線変更を行うことができません。車線変更を行う際は、ウィンカーを出す前に、車線変更を行える場所かどうかを確認してください。  

【高速道路の車線変更】 高速道路で車線変更を行う場合、ウィンカーを出した後に再度サイドミラーを見て安全確認を行います。その後、車線変更を行う車線を走行する車を1台見送るくらいの余裕を持ちましょう。高速道路では譲り合いの心が大切です。無理やり車線変更を行うと接触事故の原因となります。強引な車線変更は行わず、走行する車との間に十分な間隔を保って行ってください。  


おわりに

運転は、車線変更を行う場面が数多く存在します。なかなか車線変更がスムーズに行えないと悩んでいる方もいることでしょう。しかし、コツを抑えて焦らず行えば、車線変更をうまく行うことができます。安全運転を行うためには無茶な運転はせず、心にゆとりをもって運転するよう心掛けましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+