縦列駐車に必要なスペースは?縦列駐車のコツとやり方

縦列駐車に必要なスペースは?縦列駐車のコツとやり方

免許取得後でも、なかなかコツをつかむのが困難な「縦列駐車」。

交通量が多い一般道路での路肩への駐車、繁華街や休日の大型ショッピングモールなど混雑している駐車場での縦列駐車は、運転の難しさから、運転経験が浅い方は駐車スペース内に入れるまでかなりの時間を費やしてしまうことがあります。

また後続車からのプレッシャーを感じて人や他の車への注意が散漫になる場合もあるでしょう。

縦列駐車はバックをしながらのハンドル操作が重要です。苦手意識を持っている方も多いと思いますが、コツさえつかんでしまえばスムーズに駐車することができます。

今回は運転経験が浅い方でも安全でスムーズな縦列駐車ができるよう、一般的な普通車(オートマ右ハンドル車)での運転操作を例に取り、縦列駐車に必要なスペース、そしてコツと方法をご紹介します。    

安全確認と駐車スペースの確保

縦列駐車をする前には必ず安全確認を行いましょう。安全確認は自動車運転の基礎であり、これを怠ると思わぬ事故につながりかねません。 縦列駐車をする際のスペースは、自分が運転する車の1.5倍を目安とすると良いでしょう。慣れないうちは、無理をせずに余裕があるスペースに駐車してください。同乗者がいる場合、車外から声と手振りで間隔などを指示してもらえれば安心して駐車できるでしょう。        





縦列駐車のコツは「焦らないこと」

縦列駐車の一番のコツは、「焦らないこと」です。縦列駐車に慣れないうちは1つ1つ操作を確認しながら、焦らずにゆっくりと車を移動させましょう。 後続車が無く、時間にゆとりがある場合はいったん車を降りて、リアバンパーのラインやコース取りを把握したり、車内でドアミラーやバックミラーから確認をしたりすることにより、スムーズな操作方法を身に付けることができます。    






いざ、縦列駐車!

安全かつ駐車可能なスペースを見つけたら、早めに左ウインカーまたはハザードを出して、周囲の人や後続車に知らせましょう。

スペースの前方と後方に車が駐車している場合、ゆっくりと前方の車の真横に停車します。停車位置の幅はドアが開閉できるくらいの間隔、または人が通れる幅(50㎝~1m)を空けるように停車します。

真横に停車する際のポイントですが、横の車と自分の車のドアミラーが同じラインになるように停めると縦列駐車に必要な距離が保てます。

次に、自分と隣の車のリアバンパーのラインが互いに直線上で一致するまでゆっくりとバックします。

停車位置をしっかり合わせられたらいったん停止して、ハンドルを左に目いっぱい切り、バックします。

後方に車が駐車している場合は右のドアミラーに車全体が見えたらいったん停止します。

次にハンドルを真っ直ぐに戻し、ゆっくりとバックし駐車スペース内に進みます。ドアミラー、バックミラーを確認しながらリアバンパーが路肩に近づいたらいったん停止します。

今度は右に目いっぱいハンドルを切り、前後の間隔を確認しながらバックします。

窓を開け、右後方を確認すると位置がわかりやすくなります。 最終的に前後の間隔を修正し縦列駐車完了となります。

ハンドルを切るタイミングが悪いと路肩に後輪が当たったり、スペースからはみ出したりしてしまいます。うまく駐車できない場合は、再度安全を確認しスペース内に進入するところからやり直しましょう。  


おわりに

苦手意識を持ちやすい縦列駐車も、「安全確認をする」「目視やミラーによる確認をする」「バックギアを入れる」「ハンドルを切る」という一連の動作を1ステップずつ丁寧に実行することにより、スムーズに駐車できるでしょう。

周囲の安全確認や配慮を怠らず練習や経験を積み重ね体得することが、縦列駐車のテクニックを身に付ける近道です。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+