カーブや曲がり角は事故が多い!カーブ・曲がり角を運転する際のコツと注意点

カーブや曲がり角は事故が多い!カーブ・曲がり角を運転する際のコツと注意点

事故が起こりやすいといわれるのが急カーブや見通しの悪い曲がり角。何に注意すれば良いのかを知れば、どちらも不安なく運転することができます。上達するとカーブの際の横揺れが少なくなり、同乗者にとっても優しい運転です。

交差点や細い曲がり角もスムーズに曲がることができれば、街中でも峠道でも自信が持てるでしょう。今回は、カーブ・曲がり角を運転する際のコツと注意点をご紹介します。


カーブはなんで危ないの?こんな点に注意

カーブでの交通事故は、死亡事故につながりやすいといわれています。カーブを曲がり切れずに反対車線に入ってしまい、正面衝突が起きることが主な原因です。また、カーブでの無理な追い越しによって、対向車線にいたバイクなどに追突する事故も見られます。

また、カーブミラーを過信するのも危険です。なぜなら、カーブミラーには死角があるためです。死角に入っている左側の歩行者や自転車に気づかず巻き込むこともあるでしょう。カーブを走行する際は、自分の車線をキープして、周囲をしっかり目視で確認しましょう。

死につながるような恐ろしい事故を起こさないためにも、見通しの悪いカーブでは危険予測を強く意識し、慎重な運転をしましょう。


カーブを曲がるコツはスローイン・ファストアウト

減速してコーナーに入り、加速しながら出ていくことを「スローイン・ファストアウト」と言います。

カーブでスピードが出ていると、遠心力によって外側へ引っ張られる感覚になったことはありませんか。

スピードが速くなると遠心力も強くなり、車線をオーバーする原因になります。コーナーに入る際は、スピードを抑えた運転を心掛けましょう。曲がっている途中にブレーキを踏むとスリップすることもあるため、コーナーに入る前に減速するのがコツです。


曲がり角では内輪差を意識する

カーブだけでなく、曲がり角も事故の起きやすい危険なポイントです。曲がる先が2車線であれば、反対車線にはみ出さないように曲がらなくてはなりません。交差点で大回りすると対向車にぶつかることも考えられます。適正な位置で曲がるように、前輪と後輪の位置を意識して運転しましょう。

特に苦手な人が多いのは左折時のふくらみです。車が曲がる際は内輪差が生じるため、角すれすれで左折すると後輪が曲がりきれずに縁石などにぶつかってしまいます。そのため、内輪差を恐れるあまり、左折で大回りになるドライバーが少なくありません。車種によってばらつきはありますが、普通車では内輪差が1メートルほどあるといわれます。角に対して左前輪の位置を1メートル以上開けておけば後輪がぶつかることはないでしょう。

自分の車の内輪差を意識して、ハンドルを切る位置をマスターすれば、狭い道でも曲がれるようになります。内輪差を把握するためには、広い道で左折を繰り返し練習することも大切です。縁石などを目印にして、ハンドルを切る位置を調整しましょう。


おわりに

まっすぐな道ばかりが続く道路はなかなかありません。車を運転すれば、必ずと言っていいほど何度も曲がることになるでしょう。カーブや曲がり角は事故が多く、死亡事故になりやすいポイントです。カーブを走行する際はスローイン・ファストアウトを意識しましょう。また、曲がり角や交差点では内輪差の感覚に慣れることにより、安全に走行することができます。日ごろの運転から、内輪差を意識してその感覚をつかんでください。

運転技術ももちろんですが、事故を防ぐためには何よりも危険予測が大切です。左右や前方に注意を払い、巻き込みなどに気をつけて事故にならない運転を心掛けましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+