トンネル内の事故に注意!高速道路のトンネルを安全に走行するコツ

トンネル内の事故に注意!高速道路のトンネルを安全に走行するコツ

まだまだ運転に慣れていなく、トンネルの走行を怖いと感じる方も多いのではないでしょうか。それが高速道路ともなればなおさらです。ベテランドライバーであっても、高速道路のトンネルを走るときは慎重になります。それほど高速道路のトンネル走行には危険があるということです。トンネルという密閉された空間で、高速で走る車同士が事故を起こした場合、火災や多重追突などの二次災害につながる危険性が高いことを知りましょう。

しかし、だからといって必要以上に高速道路のトンネル走行を怖がる必要はありません。気をつけるべき点がわかれば、落ち着いて走行するだけです。今回は、高速道路のトンネルを安全に走行するためのコツをご紹介します。


トンネル侵入前にやるべきこと

トンネル内の走行を安全に行うためには、トンネルに入る前に以下のことを行ってください。

     

トンネル内情報の確認

トンネルの手前には、必ずトンネル内の情報を知らせる電光掲示板があります。掲示板では、トンネル内の事故車の情報などが配信されているため確認しましょう。場合によっては、トンネル内で大規模な事故による火災が発生し、進入禁止が掲示されることもあります。長めのトンネルであれば、トンネル内に設置されている場合もあるため、「自分には関係ない」と見落とさないようにしてください。ラジオから情報を得ることもできます。


ヘッドライトの点灯

暗いトンネル内での視界を確保するためだけでなく、先行車や対向車に自分の存在を知らせるため役割があります。


先行車との車間距離をあける

まだ明るい時間帯の場合、外からトンネル内の状況は見えにくいものです。そのため、トンネル内で先行車が減速やブレーキを踏んでいることに気付くまでに少し時間がかかり、慌ててブレーキを踏むことになりかねません。当然、追突事故も起きやすいポイントです。あらかじめ車間距離をあけ、トンネルに入る前はアクセルを踏まずにエンジンブレーキで減速しましょう。


トンネル内を安全に走行するために

トンネルに入ったら、まずは視線をなるべく遠くに置くことを意識してください。トンネルの壁や中央線に気を取られ過ぎると、どちらかに寄ってしまいがちです。まっすぐと前を見て、なるべく遠くを見るようにしましょう。そうした上で、以下のことに注意してください。


車間距離を意識

トンネル侵入前にあけた車間距離を詰め過ぎないように意識してください。トンネルは周囲の景色の移り変わりがなく、速度感覚が鈍くなります。そのため、無意識に速度が上がっていたり、先行車の減速に気付かなかったりすることが多いです。また、トンネルは入り口から真ん中あたりに向かって上り坂、その後、出口まで下り坂になっていることが多く、アクセルの踏み具合を変えていなくても速度が変化します。スピードメーターを確認しつつ、速度に注意して走行しましょう。


進路変更をしない

片側2車線の場合、トンネル内では左側の走行車線を走り、追い越し車線に入ることはやめましょう。

視界が暗く、追い越し車線を後ろから迫ってくる車の速度や距離感がわかりづらいためです。まだ距離があると思って車線変更したら、予想外に後ろの車が速度を出していて追突される危険性があります。

  

トンネル出口付近の注意点

トンネル出口が見えたからといって安心はできません。明るい外が見えて急加速するドライバーもいますが、外の天候や道路状況によっては非常に危険です。たとえば、トンネルに入ったときには晴れていたのに、トンネルを出た先では大雨が降っている場合、濡れた路面でスリップしたり、視界が悪くその先の渋滞に気付かなかったりします。また、横風にハンドルを取られることもあるため、トンネルを出るまでは加速せずに走行する方が安全です。


おわりに

トンネルの走行を怖いと感じている方も、今回ご紹介したコツを意識して落ち着いて運転してみてください。決して焦ることなく落ち着いて運転すれば、長いトンネルも安全に走り抜けることができます。事故に注意して、安全で快適なドライブを楽しみましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+