環状交差点とは?ラウンドアバウト交差点の通行方法について

環状交差点とは?ラウンドアバウト交差点の通行方法について

「環状交差点」とは、車両通行部がドーナツ状で、右回りの通行が指定されている交差点のことです。ラウンドアバウト交差点ともいいます。

日本ではこれまでも、そのような交差点は「円形交差点」または「ロータリー交差点」として存在していました。しかし、2014年9月に施行された道路交通法改正によって、ロータリー交差点や円形交差点も法的に「環状交差点」として統一されました。

環状交差点での走行は、普通の道路とは勝手が違います。初めての走行でも戸惑わないよう、環状交差点(ラウンドアバウト交差点)の通行方法をご紹介します。


環状交差点の特徴

まずは環状交差点とは何かを理解しましょう。


【信号機や一時停止がない】

交差点内には信号機がなく、交差点進入時に一時停止する必要もない点が、通常の交差点との大きな違いです。円状の部分に複数の道路が接続しており、交差点内を回転走行することで車の方向を変えます。なお今のところ、場所によっては一時停止が必要な環状交差点もありますが、必要な措置を講じた上で、一時停止は廃止されていく予定です。多くの運転者にとって運転が不慣れな環状交差点だからこそ、段階的に効率の良い形に変えていく必要があるのです。


【複数の道路をスムーズに接続できる】

信号機を使って複雑な交差点を制御するよりも、より安全に複数の道路をつなぎ、スムーズな走行が期待できる特徴があります。


環状交差点でのルール

進号機や一時停止がない環状交差点の走行ルールをご紹介します。


【交差点内を通行している車両優先】

環状交差点に進入する際は、すでに交差点内を走行中の車両が優先です。横断歩行者にも十分注意し、無理な進入や走行をしないようにしてください。進入時は、交差点内の車両の流れを妨げないための気配りも必要です。


【左折で進入】

環状交差点に入るときは、左側車線から徐行して左折で進入します。


【右周りで走行】

円形の交差点内は右回りで徐行運転をします。


【交差点から出る際】

交差点から出る際は、目的の出口の直前の出口を通過後、すぐに左の方向指示器を点滅させましょう。ポイントは、目的の出口の直前、1つ前の出口を通過後にウィンカーを出すことです。道路交通法では通常、30メートル手前からウィンカーを出すことになっています。しかし環状交差点の場合、30メートルより短い間隔で複数の道路が接続されている可能性があります。そのため、きっちり30メートル手前で方向指示器を出すと、周囲の車に曲がる道を誤解させてしまいかねません。出たい出口を確実に周囲の車両に伝えるために、1つ前の出口を過ぎてから左折の合図を出してください。


環状交差点のメリット・デメリット

環状交差点には信号機がないため、車の少ない時間帯に無駄な信号待ちをする必要がなくなります。また、災害による停電に影響を受けず交通を維持できることも、大きなメリットです。信号機の維持費が掛からず、コストダウンも期待できます。その他、出会い頭の事故や大事故も起こりにくいとされています。 懸念されているデメリットは、歩行者の横断が難しくなるのではないか、という点です。また、あまりに交通量の多い場所に環状交差点は不向きです。環状交差点ならではの利点を最大限活かすためには、設置する場所が最大のポイントになります。


おわりに

今回ご紹介した環状交差点にあまり馴染みがない方も多いと思います。しかし海外では日本よりも環状交差点が身近で、渋滞の緩和や交通事故の軽減、減少に効果があることも報告されています。日本でも今後、環状交差点の数が増えていくかもしれません。 ドライバーのマナーが、環状交差点のメリットを最大限に引き出します。環状交差点では「急がば回れ」の精神で、譲り合いながら落ち着いて走行しましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+