アンダーステアとは?アンダーステアとオーバーステアの意味と対策について

アンダーステアとは?アンダーステアとオーバーステアの意味と対策について

皆さんは、ステアリングという言葉を聞いたことがありますか。ステアリングとは、自動車などの乗り物のかじを取る装置のことです。ステアリングに関連する言葉として、コーナーリング時の車の特性である「アンダーステアリング」や「オーバーステアリング」があります。それぞれ、略して「アンダーステア」「オーバーステア」と呼ばれます。走行時の急なトラブルに冷静に対処するためには、事前に車の特性について知識をつけておくことが大切です。

今回はアンダーステアとオーバーステアの意味と対策について解説します。


アンダーステアとオーバーステア

アンダーステアとは、コーナーリング中に速度を上げることによって車の進路が外側に膨らんでしまうステアリング特性のことです。アンダーステアが発生してしまうと、いくらハンドルを切っても車が曲がってくれません。曲がろうとする力よりも、前進する力のほうが大きいためです。基本的には、操作ができる状態になるまで速度を落とす必要があります。

アンダーステアとは逆に、旋回時にコーナーの内側に回り込んでしまうステアリング特性のことをオーバーステアといいます。後輪が遠心力に負け、横に滑ることによって車がスピン状態になります。カーレースなどで見られる「ドリフト」は、オーバーステアの特性を活かした技術です。


アンダーステアやオーバーステアへの対策

走行中にアンダーステアやオーバーステアが起こると、車が車道の外側に飛び出してしまったり、ガードレールにぶつかったりします。山道や峠などでは、車が転落する恐れもあります。

アンダーステアやオーバーステアは、タイヤの空気圧の不均衡やタイヤの摩耗によって発生しやすくなります。前後輪の空気圧のバランスやタイヤの溝のチェックなどの点検を怠らないよう心掛けましょう。

安全にカーブを曲がるためには、車の速度を抑えることが大切です。そして急にハンドルを切ることは避けてください。コーナー手前で十分に速度を落として確実にハンドルを操作することによりグリップ力がしっかりと働き、思い通りのコーナーリングができるはずです。


もしも起こってしまったら?

オーバーステアで車がスピンしそうになった場合の対処法としては、カウンターステアを当てる方法があります。カウンターステアとは、簡単に言うとコーナーの方向と反対側にハンドルを切ることです。右方向へのコーナーリングの際にオーバーステアが発生したら左にハンドルを切ります。難しく感じられるかもしれませんが、旋回方向に切っていたハンドルを戻し、逆へ切ることを頭に入れておくと良いでしょう。

アンダーステアが起こった際は、アクセルをオフにしてエンジンブレーキを使用しましょう。雨天時や雪道では、アンダーステア、オーバーステアが起こりやすくなります。慎重かつ落ち着いた運転と、パニックにならない冷静さが必要です。


おわりに

最近では、アンダーステアやオーバーステアの状態になることを防ぐための横滑り防止装置を搭載した車が増えています。しかし、場に応じた最適な運転技術を持っておくに越したことはありません。コーナー手前では旋回に適した速度まで落とし、急激なハンドル操作を避けて注意して曲がりましょう。

アンダーステアやオーバーステアはカーレースなどの特殊な状況下ではよく起こりますが、行動で通常の運転を行なっている限りはほとんど起こりません。無理な運転は控え、安全に走行することが最も大切です。

アンダーステアやオーバーステアが起きた際の運転に興味がある方は、ドライブレッスンなどに参加して体験してみてはいかがでしょうか。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+