これでスムーズに駐車ができる!車の幅寄せ・車庫入れのコツ

これでスムーズに駐車ができる!車の幅寄せ・車庫入れのコツ

免許取得後でも、多くの人が苦手意識を持つ「車庫入れ」。どのような駐車場にもスムーズに一発で車庫入れできるのが理想的ですが、なかなか簡単にできることではありません。

まずは、車庫入れの基本テクニックをマスターしましょう。今回は、車の幅寄せと車庫入れのコツをご紹介します。


バックでの車庫入れの基本を押さえよう

車の動きがイメージしにくいバックでの車庫入れ。しかし、バッグで駐車していれば、出庫のときは簡単に車を発信することができます。そのため、前向き駐車の指定がなければ、バックで駐車することがおすすめです。

まずはバックで車庫入れする際の基本ポイントをおさらいしましょう。 下記の手順は、駐車スペースが右側にある場合の車庫入れ方法です。

1.駐車場に侵入したら、駐車スペースをかすめるように右寄りに直進します。

2.目標とする駐車スペースを少し越えるくらいで停車。ハンドルを左いっぱいに切り前進します。

3.ハンドルをまっすぐに。目標とする駐車スペースの右上の角に右後輪がくるように、ミラーや目視で確認しながらバックします。

4.ハンドルを右に一杯に切ってから、50センチほど後退。次に、左にいっぱい切ってから、ゆっくり50センチほど前進。駐車枠に入る角度になるまで、この前進後退を繰り返します。

5.左に切ってゆっくりバックし、車体がまっすぐになったら、一度停まります。ハンドルをまっすぐに戻し、車止めまで後退します。

左側への駐車は、上記の左右を反対にします。ただし、左後輪が駐車スペースの左上の角にきたかどうかをミラーで確認するのは難しいため、あらかじめ車両感覚をつかんでいなければなりません。 バックでの車庫入れのコツは、停止した状態でハンドル操作をすることです。車をバックさせながらのハンドル操作は難易度が高いため、初心者は別々に行いましょう。また、右足を常にブレーキに乗せておくと、いざという時にブレーキができるため安心です。


ずれたときは幅寄せをしよう

なんとか駐車スペースの枠内に入れば一安心ですが、そこで終わっては中途半端。左右の空スペースのバランスを見てください。真ん中に駐車しなければ、自分や同乗者が乗り降りする際のストレスになります。そんなときは幅寄せをしましょう。

1.寄せたい方向にハンドルを切り少し前進。

2.まっすぐに戻してさらに車体半分が出るくらいまで前進。

3.ゆっくりとバックして調整。

幅寄せする際は、左右に駐車・出庫しようとしている車がいないかを確認してください。

まっすぐバックする際は、右手をハンドルにかけたまま思い切って後ろを向いても構いません。ミラーだけでなく目視での確認も大切です。


車両感覚を身に付けよう

バック駐車をスムーズにするためには、「車両感覚」が鍵になります。自分の運転する車の幅、前後の長さ、タイヤの位置感覚などは、運転席からの景色を意識して見るだけで身に付けることが可能です。 バックミラーやサイドミラーは限られた情報しか映しません。

また、運転席からの目視の場合も、あらゆる物が邪魔となって全てを見ることは不可能です。そこで、ミラーや目視で見える限られた範囲がどのような位置関係にあってそう見えるのかを覚えることにより、車両感覚を身に付けましょう。車両感覚が身に付けば、前後左右の空間把握が可能になり、落ち着いて駐車することができます。

慣れないうちは、車から降りて後ろの左側の幅を確認したり、後ろ側の間隔がどれくらい空いているのかを確認したりすると良いでしょう。


おわりに

教習所でバックの車庫入れをクリアしていても、実際の駐車場では周囲の車にぶつけないように、愛車に傷をつけないようにと緊張感があります。しかし、スムーズな幅寄せ・車庫入れのためには、何よりもまず落ち着いて操作することが大切です。1つ1つの動作を、焦らずに確実に行いましょう。その際、運転席から見える前後左右の景色を覚えていくことで、車両感覚も身に付くでしょう。 経験を積むことが上達への一番の近道です。この記事を参考にたくさん練習してみてください。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+