狭路の通行は対向車に注意!狭路でのすれ違いのコツ

狭路の通行は対向車に注意!狭路でのすれ違いのコツ

幹線道路を曲がって側道に入った途端、道が急に狭くなって焦ったことがある方は多いことでしょう。さらに道路に通行人がいたり、対向車の姿が見えたりするといっそう緊張感は高まります。

狭い道でのすれ違いにはコツがあります。狭路でのすれ違いのコツをマスターしておくことで、運転技術における不安はかなり解消されるはずです。今回は、狭路における走行のコツや、すれ違う際のルールについてご紹介します。


すれ違う場所を早く決める

狭い道路を走行中に対向車を発見した場合、まずはお互いの車がすれ違う場所を決めましょう。道幅が広く、比較的広いスペースが確保できる場所がすれ違いに適しています。もし自分側の車線上に路上駐車の車や障害物などがある場合は、一般的には対向車側が通行の優先権を持ちます。できるだけ先に通過させてあげましょう。ドライバー同士が譲り合いの気持ちを持ち、協力し合うことが大切です。


早めに車を寄せる

対向車を発見した際、すれ違う場所の判断に迷いながらそのまま車を進めてしまうと、すれ違う場所が確保できないケースがあります。そのような状況を防ぐためには、停まるかどうかを早めに判断することが大切です。停まると決めたら停止場所を探し、早めに車を左側に寄せてください。そして車体がまっすぐになるよう停車して最大限スペースを空ける努力をしましょう。後方からバイクや自転車が来ていないか、歩行者がいないかなども確認しておく必要があります。


まっすぐ前進し、ゆっくりすれ違う

対向車とすれ違う際は、ゆっくりしたスピードで、必要に応じて断続的に車をストップさせながらまっすぐ前進しましょう。サイドミラーがぶつからないよう注意してください。サイドミラーがぶつからなければ、そのまままっすぐ進むことでスムーズにすれ違いができるはずです。

無理なハンドル操作をすると、対向車にぶつかってしまう可能性が高くなるため気を付けてください。ハンドル操作に自信がない場合や行く手が障害物で阻まれている場合は無理をせず、自らの車を停車させて対向車が通過するまで待っていた方が安全です。


狭い山道でのすれ違いルール

急な坂が多い山道で対向車とすれ違う場合は、一般的には登り車両を優先します。また、道の片側が崖になっている場合は、山側を走るドライバーが左側に車を寄せてスペースを確保し、崖側の車を通させてあげることがマナーです。 なお、すれ違いが難しい狭い山道でも、たいていは車を待避させられるスペースが一定間隔で設置されています。山道で対向車とすれ違うことが困難な場合は、待避所までの距離が近い方が車を移動させることが一般的なルールです。

車がすれ違う際の基本的な注意点は、通常の一般道の場合と同じです。ただし山道はカーブが多く視界も狭くなるため突然対向車が現れるケースも多く、より集中して運転する必要があります。速度を落として周りを確認しながら、注意を切らさず運転しましょう。


おわりに

狭路でのすれ違いのコツについてご理解いただけたでしょうか。

センターラインもガードレールもない狭い道路でのすれ違いは、多くのドライバーにとって不安なものです。そのようなケースに落ち着いて対処できるよう、常に対向車が来ることを想定しながらゆっくり走行しましょう。車を停止させられるスペースを確認しながら慎重に進むことも大切です。

そして、対向車が先に停止して道を譲ってくれた場合には、こちらも頭を下げたり手を上げたりしてしっかりとお礼をすることがマナーです。急いでいたとしても、安全に運転するためには、お互いに譲り合いの心を持って運転することが非常に重要だと言えるでしょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+