左側の幅の感覚がつかみにくい!車両感覚のつかみ方のコツ

左側の幅の感覚がつかみにくい!車両感覚のつかみ方のコツ

何年もドライバーの経験を重ねても、なかなか身に付かない「車両感覚」。中でもドライバー席から距離がある車両左側の幅の感覚をつかむことは簡単ではありません。しかし、車両感覚がつかめていないと、狭い道を通ることができなかったり、思わぬ障害物にぶつかったりする危険性が高まります。

車両感覚をマスターするための特効薬はありません。基本的には、経験を積んで体で覚えていくしかないのです。しかし、車両感覚を早くつかむためのコツはあります。今回は「左側の幅の感覚」を短時間で効率良くマスターするためのポイントをご紹介します。車両感覚が分からず運転に不安を抱えている方は、ぜひご参考にしてください。


左前車輪の位置を把握する

車両感覚をつかむためにはまず、車の各部が運転席からはどの位置に見えるかを覚えることが必要です。そして車両左側の幅の感覚をつかむためには、左前車輪の見え方に注目してください。

左前車輪の見え方を確認する際は、まずドライバー席に正しい姿勢で座り、左前車輪の延長線がどのような線を描くかを確認してください。車種や運転時の姿勢によっても見え方は違いますが、左前車輪の延長線は、ドライバー席から見るとボンネットのほぼ中央に位置することが多いと思います。

ドライバー席から見た車輪の位置を理解しておくと、左側の幅の感覚はぐんとつかみやすくなるでしょう。


左サイドミラーの位置を把握する

車体の幅を把握するためには、左サイドミラーのおおよその位置をつかむ必要があります。なぜなら、左右のサイドミラーの先端と先端の間は、車の最大幅であるため、サイドミラーが壁に接触していない限り、車のボディーが壁に接触することもないのです。

練習をする際は、壁に見立てた線を地面に引いてください。壁際で練習しても構いませんが、慣れていないうちは車と壁が接触する危険性を防ぐために地面に線を引いて練習することをおすすめします。

そして、左サイドミラーを見ながら車体の左側と線が隣り合うところまで車を寄せます。左サイドミラーの先端をできるだけ線に近付けられるよう練習しましょう。


練習を繰り返す

人によっては、車両の左側の感覚をつかむまでにかなりの時間が掛かります。なかなか成長している実感が得られなかったとしても、気持ちを落とさず何度も繰り返して練習することが大切です。反復練習によって、ゆっくりだとしても確実に車両感覚は身に付いていくはずです。焦らず、じっくりと練習を続けましょう。

地面に線を引いて行う練習に慣れてきたら、実際の壁を利用したトレーニングを行なってはいかがでしょうか。限界だと思うラインのぎりぎりまで車を左壁に寄せて止めまてください。そして車からいったん降り、車と壁との距離がどのくらいあるかを確認します。

感覚がつかめていない場合、自分が思っていたイメージよりも壁と車の距離が空いているはずです。壁との距離を少しずつ縮めていくことで、車両感覚が養われていきます。


おわりに

車両感覚をつかむコツや練習法をご紹介しました。

車は私たちの日常生活になくてはならない、便利な乗り物です。特に地方に住んでいる場合、車がないとかなり不便です。車の便利さを享受するためにも、ドライバーは日頃から安全な運転を心掛けていく必要があります。

運転テクニックは一夜で上達するものではありません。日頃から地道にコツコツと経験を積んでいくことが大切です。「継続は力なり」の意識で練習に取り組みましょう。

車両感覚をつかむことは自分自身のためだけでなく、同乗者、そして対向車のドライバーや周囲の通行人の命を守るためにも必須なのです。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+