事故の瞬間を記録する!ドライブレコーダーの必要性と取り付け方

事故の瞬間を記録する!ドライブレコーダーの必要性と取り付け方

「ドライブレコーダー」とは、車前方の運転状況や車内の様子を映像で記録する機器のことです。自動車事故の瞬間を映像で残せる記録装置として、日本では2003年頃から実用化され始めました。多くのタクシー会社が、防犯対策や交通事故対策などを目的として各タクシーにドライブレコーダーを装備しています。また、バスやトラックの界隈にも普及が進んでいます。

そして最近では、一般の乗用車にドライブレコーダーを搭載する方も増えました。しかし、マイカーにドライブレコーダーを搭載する必要はあるのでしょうか?今回はドライブレコーダーの必要性を考えるとともに、車への取り付け方をご紹介します。


さまざまな種類のドライブレコーダー

ドライブレコーダーにはさまざまな種類があります。車の前方の状況を録画するもの、車内の様子を録画するもの、GPSと連動してカーナビ機能を兼ね備えたものなどが主なところです。なお、交通事故対策だけを目的としてドライブレコーダーを設置する場合は、車の前方の様子さえ録画できれば問題はないでしょう。

録画方法にも、事故時の衝撃を感知した際のみ作動する「衝撃感知タイプ」、状況を常に撮影する「常時録画タイプ」などの種類があります。

常時録画タイプなど高画質な機種の場合、以前は5万円程度の価格がしましたが、最近では1~2万円で一定の性能を兼ね備えた機種を手に入れることができます。


ドライブレコーダーの取り付け方

フロントガラスへのドライブレコーダーの設置位置は、法令で定められているため注意が必要です。

設置位置は、運転席から見てルームミラーの陰になる視界を妨げない場所を選びましょう。フロントガラス上端から5分の1以内に収まるように、また、可能な限りワイパーの可動範囲内に機器本体が収まるように設置してください。その後電源ケーブルをシガーソケットに接続し、ケーブルが運転の妨げにならないよう固定します。最後にレンズを前後に動かして、前方の地平線に合わせるようにレンズ角度を調節します。地平線とカメラの水平ラインが重なるようにしましょう。


ドライブレコーダーのメリット・デメリット

ドライブレコーダーの最大のメリットは、万が一交通事故に巻き込まれた場合の証拠となる点です。

例えば対向車が赤信号で直進したせいで自分の車と衝突してしまった場合、事故の責任は相手側にあります。しかし、もしも相手が非を認めず「自分側が青信号だった」と主張してきたらどうでしょう。何も証拠がない限り、いくらこちらが「赤信号だった」と言っても議論は水掛け論に終わってしまいます。そのような場合に、ドライブレコーダーに記録された映像を見せることで、こちらの正当性を証明することができます。

ドライブレコーダーは、突発的な事故だけでなく、故意に車をぶつけて法外な慰謝料を請求するいわゆる「当たり屋」への予防対策としても非常に有効です。

また間接的な効果として、ドライブレコーダーを導入したタクシー会社や運送会社の社員が安全運転を心掛け、事故率が低下する傾向が表れています。映像が記録されることによって運転に責任感が生まれ、安全運転を心掛けるようになるのでしょう。

一方デメリットとしては、自分にとって不利な映像も録画されてしまう点が挙げられるでしょう。しかし当然、自分が安全運転を心掛けてさえいればいつ録画されていようと何も問題はないはずです。


おわりに

ドライブレコーダーを装備することで、事故時の証拠を残すことができます。また、記録されていることによって責任感が生まれ、以前よりも安全運転を心掛けるようになるかもしれません。

ドライブレコーダーは交通事故対応や防犯面、そして事故率の低減につながる有効なアイテムです。販売価格も低下傾向にあり、今後もマーケット規模が拡大していくことが予想されます。


コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+