居眠り運転防止対策!眠気覚ましに有効な方法3選

居眠り運転防止対策!眠気覚ましに有効な方法3選

運転中に睡魔に襲われ、ヒヤリとした経験がある方は多いのではないでしょうか。特にハンドルやブレーキの操作が少ない高速道路では、単調な景色が続くこともあり、眠気が出やすくなります。

高速道路での居眠り運転は、高確率で重大事故につながります。速度を落とさずガードレールや壁に激突したり、センターラインを越えて対向車と衝突したりした場合、命を落とすことも少なくありません。少しの気の緩みが大事故につながる危険性をはらんでいるのです。

そこで今回は居眠り運転の防止対策や、運転中の眠気覚ましに有効な方法をご紹介します。


居眠り運転が発生する原因

居眠り運転が起こる要因は、大きく分けると「ドライバーの身体的要因」と「運転中の環境」の2つです。「身体的要因」として考えられるものとしては睡眠不足、疲労、集中力の低下、食後の満腹感などが挙げられます。また、眠くなりやすい「運転中の環境」は、単調な風景が続く長い直線道路やハンドル・ブレーキ操作が少ない高速道路、日光の刺激が少ない曇り空などです。


居眠り運転の兆候と事前の対策

運転中に眠気を感じるとまぶたが重くなり、あくびやまばたきが多くなります。また、集中力が低下するため、交通標識の見落としや信号の切り替わりへの反応に遅れが生じます。このような兆候が見えた場合は「危険信号」と判断しましょう。眠気が本格化してくると、「意識がフッと一瞬飛ぶ」「無意識のうちに車線からはみ出る」「アクセルやブレーキの操作にムラが出る」などの変化が現れます。居眠り運転の兆候が見えた場合は、すぐに運転を休止して車を安全な場所に停車し、休憩を取ってください。 居眠り運転を防ぐためには、運転の前夜に十分な睡眠(平均7時間以上)を取り、余裕をもった運転計画(休憩時間や渋滞も考慮に入れた計画)を立てることが大切です。単調な運転が続く高速道路では昼食直後の運転を避ける(満腹感が眠気を誘発するため)、運転前には眠くなる成分が入った薬の服用を避ける、などの工夫も有効です。


眠気覚ましに有効な方法3選

【方法1・仮眠を取る】

最も効果的な眠気覚ましの方法は、仮眠を取ることです。無理やり体を目覚めさせるより、やはり睡眠を取った方が根本的な解決になります。時間や状況によっては車を停めて仮眠を取ることが難しい場合もあると思いますが、可能であれば仮眠を取ることをおすすめします。


【方法2・体を動かす】

体を動かすことによって血流が促進され、眠気が覚めやすくなります。ストレッチをしたり、伸びをしたり、車周辺を歩いたりするだけでも効果があります。脳周辺の血流を集中的に促したい場合は、耳を力一杯引っ張ったり、親指でこめかみを押したりすると良いでしょう。


【方法3・人やアイテムを利用する】

自分だけではどうしても眠気を止められない場合、同乗者の存在が助けとなります。同乗者と話をしたり、一緒に声を出して歌ったりするうちにいつの間にか眠気がなくなってしまうことがあります。 同乗者がいない場合は、ガムをかんだり、目薬を差したりすると効果的です。脳を活性化させるカフェインが含まれたコーヒーなどの飲食物も役立ちます。


おわりに

眠気覚ましの方法をいくつかご紹介しました。すぐに実践できるものばかりだと思います。居眠り運転をしてしまいそうな場合だけでなく、仕事の眠気を覚ましたい場合にも効果を発揮してくれるはずです。 居眠り運転には大事故につながる大きな危険性があります。「よくあることだから」と油断していると、取り返しのつかないことになりかねません。日頃からの万全な体調管理、規則的な生活リズムを維持しながら、すっきりした頭で安全な運転を行いましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+