運転免許証の写真をきれいに撮るための4つのポイント

運転免許証の写真をきれいに撮るための4つのポイント

運転免許あるあるでお馴染みなのが、免許証の写真の写りの悪さです。
写りに満足出来ている人なんてごくわずかではないでしょうか?
今回はそんな運転免許証の写真の写りを少しでも良くするコツをご紹介します。
運転免許証の写真だけでなく、証明写真などの類のものすべてに活用できる内容です。

ポイント1 口角を上げる
表情は口角の上下で変わります。
口角を上げて明るい表情を意識しましょう。
コツはカメラの前で赤ちゃんを思い浮かべる事です。
赤ちゃんを見た時にあなたがカワイイと思って自然に出る笑顔。
この緊張がほどけて表情が緩んだような笑顔こそが最適な表情です。

ポイント2 レフ板の代わりを用意
光が顔にあたることにより、明るい印象を与えることが出来ます。
当然、写真を撮影する場所にレフ板を持ち込むことはできませんから他のもので代用します。白いボトムスや白いハンカチを用意しましょう。

ポイント3 首元がすっきりした服装
ハイネックやタートルネックではなく、Vネックなどの首のラインをすっきり見える服を選びましょう。
スーツで取る場合は、シャツだけよりもネクタイを締めたほうが、顔がシャープな印象になります。

ポイント4 姿勢に気をつける
背筋をまっすぐ、あごは少し引き気味でレンズではなく少し上を見ましょう。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+