運転中に災害(津波・地震)が発生したら!?車の防災対策について

運転中に災害(津波・地震)が発生したら!?車の防災対策について

いつ襲ってくるか分からない津波や地震。もし、車の運転中に地震が発生したら、津波などの二次災害から身を守り、安全に避難するための適切な行動を取る必要があります。

今回は、運転中に災害が発生した際に取るべき行動や、防災対策についてご紹介します。


焦らず車を停止させましょう

地震時に冷静になってベストの行動を取ることができるように、取るべき行動を覚えましょう。


【車道の左側に駐車する】

車の運転中に地震が継続していると、ハンドルを取られる恐れがあります。しっかりハンドルを握り、ゆっくり車道の左側に寄せて駐車しましょう。ただし、このとき周囲の車が地震に気づいていない可能性もあります。急なブレーキや進路変更で周囲の車と接触しないよう十分注意し、ハザードランプを点滅させるなどして後続車に意図を伝えてから駐車することが大切です。


【高速道路では特にハンドル操作に注意】

高速道路を走行中に大地震に見舞われると、タイヤがパンクしたときのような衝撃を感じることがあります。そのため、周囲の車の運転者はパニックに陥っているかもしれません。周りに十分注意して、安全に駐車できる場所まで移動しましょう。


【緊急通行車両や避難する人に注意】

災害が発生した地域は、緊急通行車両以外の通行が禁止されることがあります。車を移動させるとき、救急車、消防車などの緊急通行車両や避難する人の邪魔にならないよう配慮し、できるだけ道路外の駐車場所を探しましょう。無理に走行を続けないようにしてください。


【停電による信号機トラブルに注意】

突然の大地震により、停電する可能性があります。停電によって、信号機が機能しないこともあるため、ゆっくり走行し、なるべく早く駐車してください。


車内で待機しましょう

揺れが収まるまでは車内で待機します。また、安全に車を停止させたからといって、すぐに外に飛び出してしまうと危険です。周囲の車がパニックになって乱暴な運転をしているかもしれません。大きな地震の場合、余震が発生する可能性もあるため、しばらくは比較的安全な車内で待機することをおすすめします。


車を出て避難する際の心構え

災害時は冷静になって迅速な行動を取ることが大切です。いざというときに迷わず行動できるよう、普段から非常時態をシミュレーションして防災対策としましょう。シミュレーションしておくべき事項を覚えておいてください。


【安全確認】

ラジオや携帯電話等で地震情報や交通情報で状況を把握します。津波の恐れがないかも確認してください。


【車を動かせる状態で避難】

車を置いて避難する際は、エンジンを止めてサイドブレーキをかけ、キーを付けたままにしておきます。電波式キーレスエントリーキーの場合は、車内の目立つ場所にキーを置いてください。緊急通行車両や救援車両の通行の妨げとなった際、すぐに車を移動させられるようにするためです。あくまでも緊急通行車両を優先する意識を持ちましょう。個人の車を避難のために使用すると周囲の迷惑となる場合があるため、できるだけ避けてください。


【津波の危険がある地域の場合】

津波の危険性のある場所にいる場合は、一刻の猶予もありません。正しい情報を確認し、なるべく高い安全な場所へ迅速に避難してください。この際、車で避難した方が良いと考えがちですが、同じことを考える人達の車で渋滞してしまったり、我先にと先を急ぐあまり車同士の接触事故が発生したりするため、むしろ危険です。また、万が一車に乗ったまま津波に巻き込まれた場合、水圧によってドアが開かなくなり脱出が困難になります。通行量がほとんどない場所以外は、車を出て走った方が結果的に早く避難できるでしょう。


事前にしておくべき防災対策

災害時の必需品といえば、懐中電灯や保存食です。このような防災製品がセットになったものを、常に車のトランクなどに積んでおくと良いでしょう。

また、災害時に限りませんが、発煙筒も常備しておく必要があります。駐車をした後などに使用するだけでなく、非常時の火種にして暖を取ったり、食べ物を調理したりする際にも役立ちます。


おわりに

地震はいつ襲ってくるか分かりません。だからこそ、有事に備えて正しい知識を身につけておく必要があります。決して身勝手な行動は起こさず、周囲に配慮しながら、被害を最小限に留めることを第一に考えることが大切です。


コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+