車のセキュリティは万全?車上荒らし・車両盗難対策について

車のセキュリティは万全?車上荒らし・車両盗難対策について

最近では防犯装置を装着している車が増えたこともあって、車に関する盗難事件は減少傾向にあります。しかしそれでも、車上荒らしなどや車両盗難などの犯罪は数多く起こっています。自分の車も盗難被害に遭う可能性があることを考慮に入れ、事前に対策をしておきましょう。

今回は、車のセキュリティグッズや、車上荒らし・車両盗難対策をご紹介します。


車両盗難・車上荒らしの実態

海外での人気が高い車種は、特に転売目的で盗難されやすい傾向があります。 また、知名度の高い高級車も盗難に遭いやすいため注意が必要です。

盗難件数は昔に比べると減少していますが、いまだに年間1万件以上の車両盗難が起こっています。そして、被害車両が発見されるケースは約20%に過ぎません。車両盗難の被害に遭った場合、愛車が返ってくる可能性にはほとんど期待できないということです。

車上荒らしでは、積載品だけでなくカーナビやエアロパーツなどの外装品も盗難対象となることがあります。タイヤ、ホイールなども取り外され、見つかった際には車が丸裸同然になっているケースも少なくありません。


セキュリティグッズでの対策

セキュリティグッズの代表的なものとしては、「イモビライザー」があります。イモビライザーとは、鍵に内蔵されたICチップを照合した上でないと、エンジンが掛からない仕組みのことです。しかし、イモビライザーを搭載した車種を狙った「イモビライザー破り」も行われているため、安心することはできません。

市販のセキュリティグッズを利用する手もあります。衝撃やドアのこじ開けなどを感知してアラームを鳴らすグッズは車両の盗難を防ぐ効果があります。しかし、ドアが開けられることを防ぐだけでは、タイヤやホイールが盗まれてしまうことを防ぐことはできないでしょう。

タイヤやホイールを守るグッズとしては、タイヤロックがあります。比較的安価で、車種を変えても使用できる上、盗難対策にもなるため、防犯効果は比較的高いと言えます。また、あまりお金を掛けられない場合は、「警報装置取り付け車」などと書かれたステッカーを目立つ部分に貼り付けるだけでも抑止効果が期待できます。

最近では、マンションや集合型の駐車場に防犯カメラを設置しているところが増えました。防犯カメラにはある程度の抑止効果がありますが、それでも盗難事件が起こることはあるため、自ら防犯対策を行うことが重要です。

いずれにしても、完璧な盗難防止はありません。さまざまな防犯対策を組み合わせて、ベストの手段を講じましょう。


保険での対策

車両保険に加入することで、車両盗難被害に遭った場合も範囲内で保証を受けることができます。ただし保険によっては、車内に置かれていたものなどの盗難に関しては補償が受けられないことがあるため注意が必要です。

身の回り品特約や携行品損害特約などの名称の特約を付加することで、補償の範囲を広げることができます。それでも盗難に遭った物品によっては補償を受けられない可能性もあるため、補償が利く物品を契約時によく確認しておくことが大切です。

保険内容の詳細は、保険会社によってそれぞれ違いがあります。後で納得できるよう、契約内容は細かいところまで念入りに調べておきましょう。


おわりに

盗難被害や車上荒らしに遭ってしまった場合、ある程度の損害を被ってしまうことは避けられません。しかし適切な対策を採ることによって被害をできるだけ減らすことは可能です。

車を離れる時には鍵を掛ける、貴重品を車内に置かない、などの防衛手段は必ず実行しましょう。 また、セキュリティグッズの使用や保険による補償も検討することをおすすめします。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+