今人気のハイブリッド車!電気自動車やガソリン車との違いは何?

今人気のハイブリッド車!電気自動車やガソリン車との違いは何?

今や、国内における新車販売台数のシェア3割以上を占めるハイブリッド車。ガソリンの高騰、環境問題、減税や補助金などの影響もあり、メーカーによっては販売台数の半数以上がハイブリッド車となっているほどの人気です。

今回は、人気のハイブリッド車と電気自動車やガソリン車との違いをご紹介します。


ハイブリッドシステムとは

ハイブリッド車とは、2つ以上の動力を利用して走る車のことです。日本におけるハイブリッド車は一般的に、電気モーターとエンジンを動力としています。一方、電気自動車はモーターのみ、ガソリン車はエンジンのみを動力として使用します。 ハイブリッド車のメリットは、電気モーターとエンジンを効率良く使い分けられることです。発進時や低速域は効率の良い電気モーターを主に使用し、高速域では主にエンジンを使用します。2つの動力源を持つため、通常の自動車に比べて重量の増加やシステムのロスはあるものの、動力の効率化によって燃費を向上させることに成功しています。

ハイブリッド車は、大別すると「シリーズハイブリッド」と「パラレルハイブリッド」の2種類です。

シリーズハイブリッドは、エンジンで発電した電力で電気モーターを動かして走行する方式です。そしてパラレルハイブリッド方式の車は、エンジンと電気モーターの両方を並列で働かせて走行します。世界的には、シンプルな構造のシリーズハイブリッド方式が主流です。


電気自動車やガソリン車との比較

ハイブリッド車、電気自動車、ガソリン車のうち、最も燃費が良いものは電気自動車です。ガソリンを使用するよりも、電気を使用した方が燃料代を大きく抑えられます。そのため、電気だけを利用する電気自動車よりも、ガソリンも使用するハイブリッド車の方が、燃料代は高くなります。しかしもちろん、通常のガソリン車よりはハイブリッド車の方が低燃費です。

燃費以外に車に掛かる費用として税金があります。税金に関しても、新車購入時の自動車取得税と自動車重量税が全額免除されるなど、電気自動車が最も優遇されています。

単純に経費だけで考えると、電気自動車がもっと人気があっても良さそうに見えるでしょう。しかし電気自動車には、充電施設が少なく航続距離が短いという問題があります。家の近くだけで自動車を使用する上では問題ありませんが、長距離を移動する際にはやはり不便を感じると思います。

いざ充電が切れそうになった際にガソリンスタンドなどに飛び込んでも、充電設備を持っている店はあまり多くありません。さまざまな状況への対応力の点では、電気自動車よりもハイブリッド車に軍配が上がります。


環境への影響における比較

環境への優しさを比較しても、トップは電気自動車です。ガソリンを使用しないため、有害な排気ガスを出しません。

しかし最近では「プラグインハイブリッド」という、電気自動車とハイブリッド車の中間に位置する車が出てきました。プラグインハイブリッド方式の車は、直接コンセントから充電して、電気のみで長距離を走行できます。そして電気自動車と違いガソリンも使用できるため、充電施設を気にしながらドライブする必要もありません。電気自動車とハイブリッド車の優れた面を併せ持った車です。

もちろん、通常のハイブリッド車もガソリン車よりは低燃費です。実際、エコの観点からハイブリッド車を使用している方も多くいます。


おわりに

燃費や環境問題への影響、税金、便利さなど、車を選ぶ上で考えるべき点はたくさんあります。現状のハイブリッド車の人気は、さまざまなメリットを考慮した結果、ハイブリッド車が最もバランスが取れていると多くの方が感じていることからきているのでしょう。 新車の購入を考えている方には、各種ハイブリッド車を比較検討対象の中に入れることをおすすめします。


関連記事

コラムカテゴリー

合宿免許紹介サイト 総合ランキングをみる
合宿免許教習所 総合ランキングをみる
合宿免許紹介サイトランキング
全国の合宿免許教習所ランキング
合宿免許教習所をさがす
合宿免許 お役立ちコラム
Facebook Twitter Google+